犬と楽しむスローライフ

始めたばかりのスローライフにやってきたビーちゃん。ビーちゃんを通して広がった世界、出会った人々。あなたはまさに「運命の犬」。


Blog

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村


Friends

かわいいあんよ
*little paws diary*

のぼのぼ

今日のノッコさんと福ちゃん


Rescue

新しい家族待ってま〜す。
ぎゅうちゃん日記

ドッグ☆サルベーション
活動日誌
幸せの赤い糸を待つ犬達

いつでも里親募集中


Links


Shopping

GREEN DOG

free stitch

サンダーシャツ S

新品価格
¥3,500から
(2012/11/29 11:34時点)


by maki

2006年 06月 12日

コーギー「コータくん」のお母さん

コーギー「コータくん」のお母さんはビーちゃんの大好きなご近所さんの一人である。いつも「ビーちゃん、ビーちゃん」と呼びかけてくれ、「コータくん」と一緒でないときはなでてくれる。

コーギー「コータくん」のお母さんはいつも元気で明るくパワフル、自分でご近所に空いている畑を見つけては借りる交渉をし、開墾すべきところは耕耘機やユンボを使って畑にしてしまう。今では5反の畑で野菜を作り、今年農家の申請をしたという、私の憧れのお母さんである。

昨日もビーちゃんのお散歩の途中「コータくん」のお母さんと会い、しばし立ち話。今週の日曜日18日に娘さんの結婚式。「とうとう夫婦二人とコータだけになっちゃうのよ」と少し寂しそう。その18日にはコータくんの去勢手術を行うそうだ。初めての手術、外泊でこちらもとても心配そう。

「それにしてもこの手術でいくらかかるのかとても心配」という話になった。「コータくん」のお母さんは以前は猫を飼っていて、その猫を病院へつれていくときに人間の健康保険証を持って行ったのだそうだ。「名前は書いてないけど、家族だからいいと思って」。先生に「犬や猫は戸籍がないから保険は効きません」と言われたとか。さすがパワフルお母さん。先生も困っただろうな。

今日はお天気もよく暖かいので、小屋から出て長くなっております。朝は手作りスノコの上。釘打ちが下手なのは気にしないで。

# by bee_cocoa | 2006-06-12 10:20 | スローライフ | Comments(0)

2006年 06月 11日

フィラリア治療

昨日、フィラリア弱陽性宣言を受けてから、どの治療方法を選択したらいいものか調べ、悩んだ。別の動物病院の先生からもメールでアドバイスをいただいた。それによると、「X線透視下でのつり出し法」という手術はベストな方法の1つであるということがわかった。

今日、いろいろ調べた知識を持って、再度昨日訪れた先生に電話をし、心臓の手術ということで大きな不安があるということを伝え、手術と内科療法についてより詳しく聞いた。内科療法ではフィラリアは死ぬものの、死骸が肺の中に残る、その死骸が肺機能の数%を壊すが、見た目には何ら問題がない。また治療には時間がかかるため、まれに急性症状が出る場合がある、ということなどを説明してもらった。どちらの方法でも長所、短所がある。ただ、迷っているなら積極的な治療法である手術はすべきではないとアドバイスをもらった。

いずれにしても最終的に決めるのは我々である。ビーちゃんには決めることができない。ビーちゃんにとって一番いいと思われる方法を選択してあげられるよう、よく考えたい。

このフィラリア騒動で実際徳島でビーちゃんを保護したボランティアさんと話をすることができた。ビーちゃんは2回出産したらしい。保護した堤防で自分と同じくらいの大きさの1歳半くらいの子どもと歩いていたそうだ。たぶん子どもと一緒に堤防に捨てられたのではないかということだった。最初、何匹子どもがいたかわからないが、育てられたのは1匹。苦労したのだろうな。

人間に裏切られて捨てられ苦労してフィラリアになって、でも人間大好きのビーちゃん。これからいっぱい幸せになれ。



# by bee_cocoa | 2006-06-11 14:32 | | Comments(0)

2006年 06月 10日

ビーちゃん、フィラリア弱陽性

今日はビーちゃんの健康診断に出かけた。車に乗ることがとても好きなビーちゃんは自ら後部座席に乗り込み出発。途中、座席の上をごろごろしながら病院へ到着。

体重19.9kg。体温38.5度。問診、検便、血液検査。いずれも大人しく台の上でされるがまま。診察後、検査の結果を待つこと10分。診察室に呼ばれると、検便の検査は異常なしだが、フィラリアが弱陽性とのこと。すぐにエコー検査で心臓にどれくらいのフィラリアがいるかを調べることに。

毛を刈られたとき毛が引っ張られて痛かったのか少しあばれたが、後は仰向きに押さえられても大人しくしていた。エコーの結果、心臓に14~15匹のフィラリアがいるということ。先生の説明では治療法は手術でフィラリアをつまみだし、その後予防薬を飲むのがベストな方法という。心臓の手術というのでビーちゃんの負担になることはとても心配だが、我々はベストな方法を選択することにした。

帰ってボランティアさんにその旨連絡すると、今ではフィラリアは薬で駆除するのが一般的という。ネットで調べてみても、手術は急性、重篤な状態のときに行うようだ。だが、薬も副作用があったりするらしい。我々にとってフィラリアはもちろん、犬を飼うことも初めて。ビーちゃんに一番負担のない方法で治療したい、健康で長生きしてほしい。どうしたらいいのだろう。
# by bee_cocoa | 2006-06-10 16:40 | | Comments(2)

2006年 06月 09日

ビーちゃんのご飯

相変わらずビーちゃん中心の日々である。ビーちゃんの最初のお散歩のとき驚いたのが、うんちの色である。何とも鮮やかな緑。ご飯は「ビタワン」が良いというので、初日の夜、ビタワンをあげてみると翌日のうんちは毒々しい黄色になった。2日目の朝もビタワンをあげたのだが、今ひとつの食いつき。お皿のものは昼までに全部食べたのだが、夜同じようにビタワンをあげるとお腹はとても空いているようだが、匂いをかぐだけで食べようとしない。困った、困った。まずはボランティアさんに状況を伝え、アドバイスをもらうことにした。

いろいろ話を聞いているうちにビーちゃんは放浪犬だったので、ご飯も食べるという。元々ドッグフードではなくご飯食にしたいと思っていたので、早速、『愛犬のための手作り健康食』を参考に、ご飯と塩抜きした煮干しと細かく切った野菜、少しのお肉を使っておじやを作ってみた。と、どうだろう、嘘のような食べっぷり。少しビタワンも入れたのだが、それもきれいに食べてしまった。食べ終わったお皿は洗ったようにきれいである。

それからご飯は毎食おじやに少しのビタワンとなった。毎回ものすごい食べっぷり。昨日からうんちから毒々しい黄色は消え、茶色になってきた。

ただ難点は時間がかかること。我が家ではご飯を毎回炊くので、ご飯が炊けてからよく煮込んで冷ましてとやっているととても時間がかかってしまう。それを夕方お散歩から帰ってきてとすると1時間近く待たせることになる。ビーちゃんはベランダで微動だにしないお座りで無言の催促。こんなときでも吠えることはなく、じーっと手元を見つめている。えらいなと思いながらも、そのお利口さがとても大きなプレッシャーである。これからはお散歩と食事の準備の順番を考えなくては。


# by bee_cocoa | 2006-06-09 08:45 | 犬ご飯 | Comments(0)

2006年 06月 07日

ビーちゃんのお散歩

ご近所でのお散歩デビューを果たして3日目。ビーちゃんは愛想をふりまきまくっている。

ビーちゃんを連れていると今まで挨拶程度しか話をしなかった人も声をかけてくる。皆一様に「大人しいね」「まだ3日目なの?」。ある面とてもしたたかなビーちゃんは頭をなでてくれそうな人には上目遣いで近寄って行く。

自治会長さんもとてもビーちゃんをかわいがってくれるので立ち上がって「なでて、なでて」攻撃をしている。自治会長さん&野菜作り名人さんのところでも今2代目のワンちゃんを飼っているのだが、捨て犬なのだそうだ。ビーちゃんの身の上を聞くと「本当におまえはこんないいところにもらわれて来て幸運だね」といっそうなでてくれた。もうビーちゃんは自治会長さん大好きだ。

ナナちゃんの食事の準備をしていたお母さんにもすりより、ナナちゃんのお皿の中からお肉をもらってしまった。これからいっそうナナちゃんに吠えられてしまうだろう。

ビーちゃんがやってきてお散歩がより楽しくなった。ただビーグルの血がさわぐのか、高低差のあるところに上りたがり、山の奥へ入っていきたがる。こちらの体力がどこまで持つだろうか。
# by bee_cocoa | 2006-06-07 22:25 | お散歩 | Comments(0)

2006年 06月 06日

ビーちゃんプロフィール

昨日やってきてビーちゃんはお散歩も他の犬が吠えてきても知らんぷり。とても引きは強いがとても穏やかにお散歩ができた。

ビーちゃんがやってきて驚いたのは家人のかわいがりよう。最初あまり犬にはいい印象を持っていないようだったが、会った際、私より家人に友好的だったビーちゃんがとても気に入ったようだ。今日は私より早く起き、ビーちゃんのお相手をし、朝食前にお散歩へ連れ出していた。


ビーちゃんは徳島出身。年齢は定かではないが、2歳ほど。今年3月、放浪しているところをボランティアさんに助けられた。そのとき妊娠しており、出産、子育てを終えた。子どもたちは無事里親が見つかり、ビーちゃんも里親募集となった。穏やかでときどき庭を猫や動物が通れば吠えるが、その他はいっさい無駄吠えをしない。吠えるときも「ワンワンワン」と立て続けに吠えるのではなく、「ワン」、「ワン」と最小限の声。


ビーちゃんは飼われることに慣れているが、我々は初めての体験。ビーちゃんに教えてもらいながら良い飼い主になりたい。
# by bee_cocoa | 2006-06-06 09:36 | プロフィール | Comments(7)

2006年 06月 05日

ビーちゃんがやってきた

我が家に念願のワンちゃんがやってきた。ビーグルのミックスの女の子。希望は年齢が1〜3歳くらいのメス。二人とも初めて飼うので穏やかな子がよかった。

ワンちゃんを飼いたかったがペットショップなどで購入する気は全くなかった。捨て犬や飼育放棄で飼い主を探しているワンちゃんがたくさんいる。そのうちの1匹でも助けてあげられたらと思ったのだ。

家が完成する前から探していたのだが、やっと希望にあったワンちゃんが見つかった。ビーちゃん。徳島で放浪していたところをボランティアさんに助けられ、遠路我が家へやってきた。


情報では体重12kgということだったが、会ってみてびっくり。かなり大きい。情報掲載当時から体重が増え20kg弱。犬小屋も首輪も小型・中型犬というのを用意していたのだが、首輪は小さくて入らなかった。犬小屋は何とか使えそうだ。

名古屋のボランティアさん宅から車で2時間ほどだったのだが、大人しく車に乗るのはかなり慣れているようだった。犬小屋場所へつれていくと最初はそわそわ落ち着かなかったが、今では内心はドキドキなのかもしれないが、見た目にはだいぶ落ち着いた様子でのんびりと主のようにくつろいでいる。


夕方からはお散歩デビュー。ご近所にはワンちゃんがいっぱい。受け入れられるかな?

ビーちゃんをお世話してくれたボランティアさん。

# by bee_cocoa | 2006-06-05 16:35 | プロフィール | Comments(0)


SayNoProject


Instructors

金子真弓先生のお教室。ビーちゃんがお世話になっています。

happy life with PUPS

D.I.N.G.O.インストラクター鈴木悠希子先生のお教室。ビーちゃん&ココアがお世話になっています。浜松周辺の方はぜひぜひ!
~愛犬と通う教室~
Queueの丘

Tタッチプラクティショナー油木真砂子先生
Francesca Care Partner

志賀佳恵先生のお教室。アジリティを教えていただいています。
わんわんパラダイス
わんパラの気ままな日記


Classmate

モーニングコールはウィリアム

Marvelous Marsha

明日もネオと!

今日も たろうと。


最新の記事

今日もリハビリ 紫陽花?
at 2017-05-25 15:50
ヒヨヒヨヒヨ
at 2017-05-24 09:35
クルミの花?
at 2017-05-23 22:30
みんなで病院へ
at 2017-05-22 08:00
ココア&さちレッスン
at 2017-05-22 07:55
今日もリハビリ 運動運動
at 2017-05-19 20:15
歯磨きの後は
at 2017-05-18 21:45

カテゴリ

トレーニング
アジリティ
犬ご飯
グッズ

スローライフ
お出かけ
お散歩
グルーミング
トライアル
想い出
プロフィール
ビーちゃんと訪問活動
ビーちゃんの子育て

最新のコメント

momoさん、こんにちは..
by maki at 17:17
makiさん、こんばんは..
by momo at 18:09
takumamaさん、こ..
by maki at 11:13
もう6年なんですね。びー..
by takumama at 09:50
momoさん、こんにちは..
by maki at 21:41
makiさん、こんにちは..
by momo at 17:59
ありがとうございます。 ..
by momo at 19:29
momoさん、こんにちは..
by maki at 15:37
makiさん、お久しぶり..
by momo at 13:30
今はこのときよりもっと確..
by maki at 21:18

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

犬